アメリカ国籍だが日本で生まれ育ったマイルズさん。大学は母国のアメリカで進学するも、幼少期から親しみのあった信濃町に移住。現在は大好きな自然を多くの方に知ってもらう為、自然ガイドをしている。そんなマイルズさんに信濃町での楽しみ方を伺った。

信濃町との出会いと魅力

僕は日本で生まれ育ったのですが、両親が野尻湖の国際村に別荘を持っていて、夏と冬は毎年信濃町に遊びに来ていました。本格的に信濃町に移住したのは4年前で、アメリカの大学を卒業してからです。

大学では水生生物学を専攻し、今は自然ガイドをしながら長野県の研究所の手伝いもしています。子供の頃から黒姫高原でスキーを学び、夏は野尻湖で釣り等をしていました。



信濃町での仕事について

夏は登山ガイドや、カヌー・カヤックの指導、冬は黒姫高原・斑尾高原・妙高山でバックカントリースキー・スノーシューのガイドをしています。冬は海外からのお客様が多く、夏は日本国内と海外からのお客様が半々くらい。

これらのアクティビティには子供の頃から親しんでいましたが、大学時代にガイド講習を受けて資格を取りました。そして僕は山菜取りが好きで、お客様を連れてよく山を案内しています。信濃町は日本の田舎の風景が残っているので、日本らしさを楽しみたい海外のお客様が大勢来ていますよ。

マイルズさんは1年を通して、信濃町の自然の素晴らしさを人々に伝えている。

好きな信濃町の景色とスポット

菅川地区から斑尾山に登り、そこから見る黒姫山と野尻湖の景色が好きです。特に夕方、山の後ろに沈んでいく夕日が大好き。それと朝カヤックで野尻湖に出ると、朝日が山を赤く照らしてとても綺麗です。また冬は、山の雪が朝日でピンク色に染まるんですよ。あとよく行くのは信濃町と妙高の間にある苗名滝。紅葉シーズンはすごく色鮮やかで綺麗な場所です。



読者の方へ

僕は本当に自然が大好きで、それを色々な人に伝えたい、知ってもらいたいと思って自然ガイドになりました。信濃町は本当に自然が豊かなところ。そして昔の家や神社・お寺等、古くからの日本の田舎の風景も沢山残っています。立地もとても良いですね。登山の出来る山はあるし、海にも近いし、長野市にもすごく近いので、どこにでも簡単に行けます。信濃町はその中心にある感じですが、素朴な町を是非楽しんでください!

マイルズ・ピーターソン
1991年生まれ。アメリカ国籍。日本で生まれ育ち、インターナショナルスクールを経てアメリカ・コロラド州の大学で水生生物学を専攻。信濃町には子供の頃から毎年訪れていたが、大学卒業後に信濃町に移住。黒姫高原・斑尾高原・妙高高原等で自然ガイドを行っている。(dancing snow 所属)